お肌だけじゃなくて髪の毛まで気を遣いたい

髪の毛もサラサラでツヤツヤにする! お肌だけじゃなくて髪の毛まで気を遣いたいですよね。 綺麗な髪の毛を手にいれるために、トリートメントをしっかりしたり、美容室でヘッドスパをしてもらったり。

いろいろヘアケアをする方法ってありますよね。 みなさんは何か特別なヘアケアをしていますか? 私も髪の毛には気を遣っています。 もちろんトリートメントをしっかりとしたり、自分でできることはしています。 でも一番大事なのは「ドライヤーのかけ方」って知っていましたか? ドライヤーのかけ方までこだわっている人って実は少ないんですよね。

ドライヤーのかけ方までこだわれば、綺麗な髪の毛になりやすくなるんです! 例えばしっかり乾かすこと。 面倒だからと半乾きのまま寝てしまう人や乾かさずに寝る人多いんですよね… これは髪の毛を傷めるからダメ! しっかりとドライヤーで乾かしてから寝てください! あ、でもかけ過ぎもダメなのでほどほどにね。

そして、ドライヤーのかけ方も重要です。 実は温風と冷風を使いわけるのがカギです。 プロの美容師さんもやっているらしくて、温風と冷風を交互に髪の毛に当てることで髪の毛が傷みにくくなるそうです!

最近は自動で温風と冷風が切り替わるドライヤーもあるので、使ってみるといいですね。 ドライヤーのかけ方一つでも髪の毛は変わります。 今まで意識してなかった方はこれからちょっと気を付けてみてください。

アトピーを持っておられる方には

アトピーを持っておられる方には、どのような肌手入れのやり方が正しいのでしょう?アトピーの原因はその全てが完全に解明はされていませんから、これが正しいという肌のお手入れ法や治療法などはまだありません。
ただし、アトピーの人は、わずかばかりの刺激や体温上昇で痒くなってしまいますから、基本的にはできるだけ刺激を与えないことが一番肝心です。アトピーの人には、肌が敏感な人用の天然成分だけでできているようなスキンケア用品の使用をお勧めします。

アトピーは塩水との接触によって治癒するという説もあり、風呂桶のお湯に塩を入れたり、夏は海に行って海水浴を行い続けると状態が改善すると言われています。しかし、本当のところ、患部にはひっかいた傷があることがほとんどで、塩水だととてもしみてしまうのがネックです。

洗顔は1日に何回するのがベストなのかお知りでしょうか。

ズバリ答えは朝晩の2回です。



これ以上顔を洗うのは肌をダメにしてしまう原因になってしまいます。回数が多ければ多い分きれいになるのではなく、多くても2回に留めるというのが美肌への道のりなのです。敏感肌の問題は、水分が不足することによるのが多いのですが、あまり合っていない化粧水を使用しても、悪影響を与えてしまいます。

肌の質感とマッチした低刺激の化粧水、化粧品によって、十分な保湿をするようにしてください。

後、ダブル洗顔は肌に悪影響を与えますので、あまり刺激のない肌に合うクレンジングで、ちゃんと落とすようにしてください。
美肌のためにバランスのよい食事は必須です。青汁は他のものより体内に必要な栄養成分を取り込むことができるため効果が肌へも期待されます。



食生活の改善を考えるとともに運動を適度に行い新陳代謝を促すために入浴やスキンケアは肌にあったものを使用するなど美はまさしく一日では確立しないのであると思われます。
食べ物と美容は切っても切れない関係にあるので、老いに逆らう食べ物を食することで実現可能です。豆類、穀物類、海藻類、野菜類、魚類、キノコ類、イモ類、乳製品や野菜の中でも色の強いトマトやナス、タンパク質を十分に食事に取り入れることで若返りに効果的です。シワを作らないためにも、メイクをした日は欠かさずクレンジングを行ってください。

クレンジングを怠ってしまうと、肌に負担がかかってしまい、シワが発生しやすくなります。
さらに、洗顔を行う時は、洗顔料をちゃんと泡立てて、できるだけ丁寧にく洗顔を行うようにしてください。



乱暴に洗顔したり、肌荒れを起こしたりといったことが、シワができるもととなってしまいます。私はエッセンシャルオイルで自分が楽しんだり他の方にも喜んでもらってます。

中でもアロマオイルの香りが大のお気に入りで気持ちが安定します。
アロマオイルは精神面、肉体面の健康や癒し効果があるようです。植物の香りによって心身のトラブルを穏やかに回復させてくれる作用があり、私にとってはスキンケア化粧品のようです。
シワの原因の一つに紫外線があるので、外出の際は日焼け止め専用のクリームを塗ったり、日傘を使って対策するなどちゃんと紫外線対策を行いましょう。また、多くの紫外線を浴びてしまった場合には、ビタミンCの入った美容液を用いるなどして肌手入れをしてください。


毎日しっかりとスキンケアを続けることで、しわをきちんと防げます。

いったんお肌に吹き出物ができてしまうと治ったとしてもニキビの跡が残ることが多々あります。



気になるニキビの跡を消し去るには、赤みが残っているニキビ跡にはビタミンCを配合した美容液や化粧水を使って、色素が既に沈着のニキビの跡にはピーリングが効き目があります。

Categories